行事一覧
STEP1主催行事を知る行事一覧ページで行事を確認する STEP2登録をするメールフォームから登録する STEP3登録完了

第8回食品化学シンポジウム

<内分泌攪乱化学物質に関する我国の最初の国際シンポジウム>

後 援:厚生省、通産省、農林水産省、環境庁

テーマ:内分泌攪乱化学物質をめぐる生活と食の安全についての国際シンポジウム

日 時:1998年6月29日(月)-30日(火)

場 所:国際連合大学本部(東京都)

参加者:300名(満席)・・・・約1,000名の参加申込があった

演題及び講師:

 1998年6月29日(月) 9:20~12:00

  サテライトプログラム

 趣旨:シンポジウムに先立ち、シンポジウムの議論の理解に役立つ基礎知識を提供する 

     教育的プログラム

 

 挨拶及び座長 

        日本食品化学学会事務局長 伊藤誉志男(武庫川女子大学薬学部教授)

 ①内分泌攪乱物質を理解するための内分泌学一般の知識・・・40分

        講師:紫芝 良昌(虎ノ門病院分院長)

 ②内分泌攪乱物質とは何か・・・40分

        講師:井上 達(国立医薬品食品衛生研究所毒性部長)

 ③内分泌攪乱物質の作用メカニズム・・・40分

        講師:藤本 成明(広島大学原爆放射能医学研究所助教授)

 ④化学製品(プラスチックを中心に)の応用とその安全対策・・・40分

        講師:三木 保(住友化学工業株式会社部長)

 

 1998年6月29日(月)13:00~17:40

 開会の挨拶

          日本食品化学学会顧問 山中 和

                      (財団法人日本産業廃棄物処理振興センター理事長)

 第1セッション(13:00-15:20)

  内分泌攪乱物質に関する実験結果(インビトロ、インビボ)

  座長:田中 慶一(大阪大学薬学部教授)

  ①内分泌攪乱物質に関するin vitro試験・・・40分

        講師:西原 力(大阪大学薬学部教授)

  ②内分泌攪乱物質にかんするインビボ(生体内)試験成績の概要・・・40分

        講師:鈴木 勝士(日本獣医畜産大学教授)

  ③野生生物への影響が示すもの・・・40分

        講師:井口 泰泉(横浜市立大学理学部機能科学科生物学教授)

  ④質疑応答・・・10分

 第2セッション(15:20-17:40)

 内分泌攪乱物質の暴露

 座長:中杉 修身(国立環境化学研究所環境部長)

  ①水、大気、土壌等環境からの暴露・・・30分

       講師:白石 寛明(国立環境研究所化学環境部)

  ②汚染物質の食品を介した暴露・・・30分

       講師:堀 伸二郎(大阪府立公衆衛生研究所食品化学課長)

  ③食器用器具・容器包装からの暴露・・・30分

       講師:河村 葉子(国立医薬品食品衛生研究所食品添加物部室長)

  ④植物由来の天然「環境ホルモン」について・・・30分

       講師:山﨑 和男(広島大学医学部総合薬学科活性構造化学教授)

  ⑤質疑応答・・・10分

 

 

1998年6月30日(火)9:30~18:00

 第3セッション(9:30-12:00)

 人間の健康への影響

 座長:福島 昭治(大阪市立大学医学部教授)

  ①一般毒性試験からみた内分泌攪乱化学物質・・・35分

        講師:三森国敏

        (国立医薬品食品衛生研究所安全生物研究センター病理部第3室長)

  ②東京地区在住日本人の精液性状の現状について・・・20分

        講師:押尾 茂(帝京大学医学部泌尿器科講師)

  ③妊孕能を有する日本人性正常男性における生殖機能について・・・20分

   -妊娠女性のパートナーにおける生殖機能調査より-

        講師:岩本 晃明(聖マリアンナ医科大学教授)

  ④内分泌攪乱物質と女性の生殖機能・・・35分

        講師:牧野 恒久(東海大学医学部産婦人科学教室教授)

  ⑤内分泌攪乱物質の悪性腫瘍に対する影響・・・35分

        講師:白井 智之(名古屋市立大学医学部第一病理教授)

  ⑥質疑応答・・・5分

 第4セッション(13:00-18:00)

 内分泌攪乱物質と健康、国際的な取り組みとわが国の取り組み

 座長:中垣 俊郎(厚生省生活衛生局食品化学課課長補佐)及び

     中澤 裕之(星薬科大学教授)

   ①経済開発協力機構における取り組みと国際協力・・・40分

        講師:Dr.Herman Koeter, OECD

  ②国際保健機構における取り組み・・・40分

       講師:Dr.M.Younes Programme on Chemical Safety of WHO

  ③米国環境保護庁における取り組み・・・40分

       講師:Mr.Gary Timm EPA

  ④ヨーロッパにおける取り組み・・・40分

       講師:Prof.Lewis L Smith, MRC Institute for Environment and Health

  (休憩 10分)(15:40-15:50)

  ⑤わが国における行政的な取り組み・・・40分

       講師:黒川 達夫(厚生省生活衛生局食品化学課長)(10分)

           塩沢 文朗(通商産業省基礎産業局化学品安全課長)(10分)

           副島 陽一(農林水産省農産園芸局植物防疫課 農薬対策室長)(10分)

           吉田 徳久(環境庁環境保健部環境安全課長)(10分)

  ⑥外因性内分泌撹乱物質の研究:アカデミックな立場からの取組・・・30分

       講師:宮本 純之(国際純正応用化学連合(IUPAC)「化学と環境」部会長)

  ⑦産業側からの取り組み・・・30分

       講師:加藤 正信

                  ((社)日本化学工業協会エンドクリン・ワーキンググループ委員)      

    ⑧消費者からの提言・・・20分

       講師:日和佐 信子(全国消費者団体連絡会事務局長)

  ⑨質疑応答・・・10分

  まとめの挨拶

         日本食品化学学会理事長 藤井 正美(神戸学院大学教授)