行事一覧
STEP1主催行事を知る行事一覧ページで行事を確認する STEP2登録をするメールフォームから登録する STEP3登録完了

日本食品化学学会・日本食品衛生学会・日本食品微生物学会

ifia JAPAN 2015 食の安全・科学フォーラム 

第14回セミナー&国際シンポジウム

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

テーマ:国際化に対応した食の安全対策

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日時:2015年5月20日(水)10:00~17:00(受付開始9:30)

場所:東京ビッグサイト 会議棟6階

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第一部 カビ毒規格の国際整合性への動きとその対応

      「アフラトキシンM1規格設定の概要と経緯」

          吉成 知也(国立医薬品食品衛生研究所 衛生微生物部 第四室 主任研究官) 

      「オクラトキシンAのリスク評価の現状」

          宮崎 茂(一般財団法人生物科学安全研究所 参与) 

      「カビとカビ毒の汚染と対策最前線」

          高鳥 浩介(NPO法人カビ相談センター 理事長) 

第二部 世界の食をつなぐHACCP        

      「HACCP規格の国際的な動き」

          荒木惠美子(東海大学海洋学部 客員教授) 

      「食のグローバル化とHACCP義務化の必要性」

          梅田 浩史

          (厚生労働省 医薬食品局 食品安全部 監視安全課 HACCP企画推進室室長) 

      「HACCPの普及・推進のための取組」

          横田 美香(農林水産省 食料産業局 企画課 食品企業行動室長)

      「欧州連合における食品安全とHACCP:その発展と課題、食品産業界からの視点:

       ネスレにおける食品安全とHACCP」 

          Laurence Blayo

          (ネスレ本社中央研究所 Food Safety Microbiologyグループリーダー) 

      「コカ・コーラでの食品安全の取り組みについて」

          手島俊介(日本コカ・コーラ株式会社 技術・サプライチェーン本部

                 品質・労働安全衛生・環境ガバナンス 統括部長)

第三部 コーデックスの動き        

      「コーデックスにおける近年注目の食品規格の動き」

          登田 美桜(国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部)