行事一覧
STEP1主催行事を知る行事一覧ページで行事を確認する STEP2登録をするメールフォームから登録する STEP3登録完了

日本食品化学学会 第33回食品化学シンポジウム

 

テーマ: 食品の表示と安全性の動向

主  催: 日本食品化学学会

共  催: (公社)日本分析化学会 表示・起源分析技術研究懇談会

後  援: 東京電機大学

 

日  時: 2017年10月13日(金) 13:00-18:00

場  所: 東京電機大学 東京千住キャンパス

      (東京都足立区千住旭町5番)

定  員: 150名

参加費: 個人・法人会員3,000円 

      非会員5,000円       ※いずれも会場での当日支払いです

 

◆申込み: 「登録・お問合せ」の画面よりお申込ください。

(事前登録にて受付し、定員になり次第、受付け終了と致します)

 

◆講演要旨集 広告掲載のお願い(pdf 、 広告申込書(word,pdf

 

◆プログラム◆(予定)<開催案内>

13:00-     受付開始 

13:30-13:35  世話人挨拶 小川 久美子 (国立医薬品食品衛生研究所 病理部)


シンポジウム1 食品栄養成分の考え方と安全性評価

13:35-14:10  講演① 栄養成分関連添加物の摂取と考え方について(仮題)
                                          三重大学 医学部 森田明美 

14:10-14:45  講演② 栄養成分の分析方法の最新情報(仮題)  
                                     国立健康・栄養研究所 食品分析研究室 竹林 純 
14:45-15:20  講演③ 食品添加物-特に栄養成分・加工助剤・酵素のリスク評価について

                (仮題)

                      国立医薬品食品衛生研究所 病理部 高須伸二

15:20-15:35 休憩

 

シンポジウム2 食品表示の最新動向 


15:35-16:15  講演④ 機能性表示食品について(仮題)
                         
国立医薬品食品衛生研究所 薬品部 合田幸広 

16:15-16:55  講演⑤ 食品表示法について(仮題)
                                
消費者庁 食品表示企画課 赤碕暢彦 

16:55-17:00  閉会挨拶  手島 玲子(日本食品化学学会 理事長)