行事一覧
STEP1主催行事を知る行事一覧ページで行事を確認する STEP2登録をするメールフォームから登録する STEP3登録完了

日本食品化学学会 第24回総会・学術大会

多数の発表、参加を頂き、盛況のうちに終了しました。ありがとうございました。

 

日時:2018年5月17日(木)~18日(金)

 場所:東京ビックサイト(東京都江東区有明3-11-1) ホームページ

学 会 長  : 中江 大 (東京農業大学応用生物科学部 教授)

実行委員長: 佐藤 恭子(国立医薬品食品衛生研究所 食品添加物部長)

 

◆参加申込  受付を開始しました。 ⇒ 事前登録フォーム  <5月13日締切ました> 

 《学術大会参加費》  会員4,000円,非会員6,000円,学生1,000円

※ 学術大会は当日参加も可能ですが、できるだけ事前登録をお願いします。

《交 流 会 参加費》  事前申込6,000円, 当日申込8,000円, 学生2,000円 

※交流会は定員100名となりましたので、受付終了とさせていただきます。

 

※学術大会および交流会とも参加費は当日の会場受付でお支払い頂くこととなります。

◆募集要項

〇一般発表(口頭/ポスター)、若手優秀発表賞

演題申込書※12月19日修正更新 (3月16日締切⇒延長しています。)

 演題受付は、締切ました/3月23日

若手優秀発表賞について

一般発表要旨原稿作成要領 ・原稿テンプレート

原稿見本              ・発表についての注意事項

 

若手優秀発表賞受賞者

 口頭発表部門

 A-3 高橋 未来(立命館大学大学院薬学研究科)

演題:Single Reference HPLC法によるセサモール、セサミン、エピセサミン、セサモリンの一斉分析法の検討

❀A-6 長野 一也(大阪大学大学院薬学研究科)

演題:高水溶性非晶質クルクミンの開発と水溶性向上機序の解析

ポスター発表

❀B-1 君波 奈緒(大阪薬科大学製剤設計学研究室)

演題:シクロデキストリンの添加がクルクミン/ポリビニルピロリドン複合体の安定性に与える影響

❀B-9 松本 果楠子(信州大学大学院総合理工学研究科農学専攻)

演題:フェルラ酸ルチノシドのBDNF産生促進作用とCaco-2細胞透過性

❀B-21 武士田 寛人(花王株式会社安全性科学研究所)

演題:α-リノレン酸ジアシルグリセロール油の安全性に関する検討

 

おめでとうございます!!

 

 

〇企業展示/ランチョンセミナー/講演要旨集広告/協賛金

企業展示・ランチョンセミナーの御案内と申込用紙 

   企業展示(ifia2018)申込書PDF

広告掲載・協賛金の御案内と申込用紙

 

◆プログラム(予定)

 ■2018年5月16日 水曜日

 10:00~17:00  企業展示(東展示棟 東12ホール ifia/HEE JAPAN2018 会場内)    

 10:20~16:50  出展社プレゼンテーション(食の安全科学ゾーンセッション会場内)

 

■2018年5月17日 木曜日 (会議棟6F 605+606会議室)
 09:43~11:52  一般口頭発表(10題) 演題(A-1~A-10)PDF
 12:15~13:15  ランチョンセミナー、評議員会
 13:30~14:30  総会および奨励賞・論文賞表彰式
 14:40~15:20  奨励賞受賞者講演

             座長:合田 幸広(国立医薬品食品衛生研究所副所長)

              奨励賞受賞者講演(1)

             麻布大学 生命・環境科学部食品生命科学科助教 齊藤(北岡)千佳 

              「二枚貝をはじめとした各種食品中呈味成分の食品化学的研究」

             奨励賞受賞者講演(2)

             国立医薬品食品衛生研究所生薬部主任研究官 政田 さやか

             「薬用植物を基原とする健康食品の品質評価に関する研究」
 15:20~16:00  特別講演(1) 

                             内閣府食品安全委員会事務局評価第一課長 吉田易範
             「食品のリスク評価と食品安全委員会」

             座長:中江 大(東京農業大学応用生物科学部食品安全健康学科教授)
 16:10~16:50  特別講演(2) 

                             神奈川工科大学応用バイオ科学部栄養生命科学科教授 佐々木 一
             「Glucose-releasing Rate (GR): an in vitro method designed to

                            predict glycemic index values of foods and meals」

             座長:佐藤 恭子(国立医薬品食品衛生研究所食品添加物部長)
 16:50~17:30  特別講演(3) 

             厚生労働省医薬・生活衛生局食品基準審査課長 関野秀人
             「食品安全行政の現状と課題」(仮題)

             座長:日下部 哲也

                (大阪市立大学大学院医学研究科医薬品・食品効能評価学教授)
 18:00~20:00  交流会(会議棟8F レストラン アルポルト) 

 

■2018年5月18日 金曜日 (会議棟6F 605+606会議室)
 09:30~12:00  ポスター発表コアタイム 演題(B-1~B-41)PDF

             (39題、東1・2ホール/ifia Japan 2018会場内
             → ※ポスター発表会場は『会議棟6F 610会議室』

                 変更させていただきました。

 

 12:15~13:15  ランチョンセミナー、編集委員会
 13:30~14:10  特別講演(4)

             東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科教授  江口文陽
             「森林資源の有効利用~キノコの機能性と人工栽培を通して~」

 

             座長:高橋 信之(東京農業大学応用生物科学部食品安全健康学科教授)
 14:10~14:40  学会長講演
             「生活習慣病とがん:食事組成の変化による動物モデル」

             座長:今井田 克己(日本食品化学学会理事長、香川大学医学部教授) 
 14:50~16:02  一般口頭発表(6題) 演題(A-11~A-16)PDF
 16:10~16:30  若手優秀発表賞 表彰式

 

 

【企業展示】

 アジレント・テクノロジー㈱、        アヅマックス株式会社、

 アルファ・モス・ジャパン株式会社、

 ジーエルサイエンス株式会社、      株式会社 島津製作所、

 信和化工株式会社、             株式会社 ファスマック、       

 富士フィルム和光純薬株式会社、     西川計測株式会社

 株式会社 パーキンエルマージャパン、  メルク株式会社、  

 公益財団法人 ニッポンハム食の未来財団  

        

【ランチョンセミナー(受付終了)】

 【 5月17日(木) 】 アジレント・テクノロジー株式会社           

 【 5月18日(金) 】 サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社

 

<第24回総会・学術大会実行委員会>

 佐藤 恭子(実行委員長)

 美谷島 克宏、 煙山 紀子、 高橋 信之、 小野瀬 淳一、

 田村 倫子、 岩槻 健、 穐山 浩、 小川 久美子、

 小林 千種、 秋場 高司、 荒井 祥、 宮下 隆、

 古久保 進、 羽田 三奈子、 瀧川 義澄、 金城 輝則、

 古庄 義明、 植田 泰輔、 四柳 雄一、 原田 修一、

 田代 彩子、 水井 浩司、 今立 恵美、 田中 稔一、

 清水 亮輔、 井上 健夫、 中川 誠、 森本 隆司